期間工のデメリット

単調な仕事が中心となるためスキルアップが難しい

期間工は、稼ぎたい時にすぐに働けるという魅力がありますが、正社員と比べると単調な仕事を任されることが多く、スキルアップに繋がりにくいといったデメリットがあります。特に、マニュアル化が進んでいる自動車部品や精密機器などを扱う工場で働く場合には、最低限の業務研修しか行われないことがあり、専門的な知識や技術を身に付けることが困難になります。そうした中、期間工として目標を持って働きたい人は、雇用形態にかかわらず、工場内の中心的な仕事を担当できるところや、継続的な教育が行われているところを職場に選ぶと良いでしょう。その他、初めて期間工として働く場合には、一通りの仕事を覚えられるまで、先輩のスタッフからフォローしてもらえる工場を見極めることも大切です。

正社員になるために厳しい条件がある会社も多い

期間工は、三か月から一年ほどの短い契約期間が設定されており、余程成績が優秀な人を除き、契約満了に伴って退職となるケースも少なくありません。業績が安定している大手企業の向上の中には、期間工から正社員になるための条件を緩和しているところもありますが、中小規模の向上では依然として期間工と正社員の間に高い壁があります。そうした中、将来的に正社員として安定した条件で工場の仕事に取り組みたい場合には、正社員登用の基準が明確なところや、多角的な評価制度が採用されているところで経験を積むと良いでしょう。なお、実際に期間工から正社員になった人にアドバイスを受けて、日々の仕事の取り組み方について自分なりに考えることが大切です。

© Copyright Useful Work Period. All Rights Reserved.